2006年6月 7日 (水)

VB6⇒VB2005Expressメモ

またちょっとVisualBasic2005Expressで遊んでみたので、その時に気付いたメモ。

・Left関数 ⇒ Microsoft.VisualBasic.Left
Left関数が使えなくてびっくりした。なんかよく分からない名前になってる・・・。

・ComboBoxの内容をユーザーが入力できないようにする
「LockedをTrueに」(VB6)じゃなくて、「DropDownStyleをDropDownListに」、になったみたい。

・LinkLabelコントロール
新しいLabelコントロールができてる。Linkと名前が付いているだけあって、webサイト等と相性が良さそう。ローカルのパスを作ることでファイルなどを手間無くシステムから呼び出すこともできるみたい。こんな感じ?

Private Sub LinkLabel1_LinkClicked(ByVal sender As System.Object, _
   ByVal e As System.Windows.Forms.LinkLabelLinkClickedEventArgs) _
                                       Handles LinkLabel1.LinkClicked

        'リンク先に移動したことにする
        LinkLabel1.LinkVisited = True

        'ブラウザで開く
        System.Diagnostics.Process.Start("http://www.example.com")

    End Sub

・コントロール配列がなくなった
これはビックリした・・・こことかを見るといろいろやり方はあるみたいだけど。まあ慣れなのかなあ。VB6ではコントロール配列を便利に使っていただけに、残念。

でもまあ、ちょっとずつ慣れてきたかな。少しずつ時間を見つけて勉強して行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

MessageBoxMaker

たじけん氏のブログにインスパイアされて、久しぶりにプログラミングしてみた。こんな感じ⇒「MessageBoxMaker」  まあどこにでもあるようなプログラムだけど。

たじけん氏のブログにあるような画像を作ろうと思ったら、以下の手順。

  1. 「MessageBoxMaker」を起動
  2. 各箇所を適当に入力・設定
  3. 「作成」ボタンを押す
  4. メッセージボックスが出てくるので、内容を確認
  5. 「Alt」キーを押しながら「PrintScreen」キーを押す
  6. MicrosoftPhotoEditor(あるいはペイント等)を起動
  7. 「新しいイメージとして貼り付け」あるいは「新規作成」⇒「貼り付け」
  8. 「名前を付けて保存」Picture_bymessageboxmaker_3

で、例えばこんな感じ⇒

この画像を作るところまでプログラム内で扱いたいな~って思ってたんだけど、少し時間がかかりそうな気がしたので、とりあえずできたところまで公開してみた。誰かわかる人、教えて下さい。

プログラム自体は全然たいしたことはしてなくて、この前インストールしたフリー版のVisualBasic.NET2005ExpressEditionを使ってみたかっただけ。

とりあえず使ってみた印象としては、予想以上にVB6とは違うけど、予想以上に使いやすいかも、という感じ。IDEがとても重くなっているんだけど、その分いろいろ手助けしてくれてる。VB6⇒VB2005への乗り換え、本気で考えてみようかな~。

今回のコードはこんな感じ。適当に作りすぎ?

-----

Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

        'Button1(作成ボタン)を押した際の挙動

        Dim buttonType As MessageBoxButtons  'Buttonタイプ格納
        Dim iconType As MessageBoxIcon  'Iconタイプ格納

        'Iconタイプを判別

        Dim Items As String = ComboBox1.SelectedItem

     'Iconタイプの決定
        Select Case Items
            Case "-"
                iconType = MessageBoxIcon.None
            Case "Asterisk"
                iconType = MessageBoxIcon.Asterisk
            Case "Error"
                iconType = MessageBoxIcon.Error
            Case "Exclamation"
                iconType = MessageBoxIcon.Exclamation
            Case "Hand"
                iconType = MessageBoxIcon.Hand
            Case "Information"
                iconType = MessageBoxIcon.Information
            Case "Question"
                iconType = MessageBoxIcon.Question
            Case "Stop"
                iconType = MessageBoxIcon.Stop
            Case "Warning"
                iconType = MessageBoxIcon.Warning
            Case Else
                iconType = MessageBoxIcon.None
        End Select

        'ボタンタイプの判別
        Dim buttons As String = ComboBox2.SelectedItem

        'ボタンタイプの決定
        Select Case buttons
            Case "AbortRetryIgnore"
                buttonType = MessageBoxButtons.AbortRetryIgnore
            Case "OK"
                buttonType = MessageBoxButtons.OK
            Case "OKCancel"
                buttonType = MessageBoxButtons.OKCancel
            Case "RetryCancel"
                buttonType = MessageBoxButtons.RetryCancel
            Case "YesNo"
                buttonType = MessageBoxButtons.YesNo
            Case "YesNoCancel"
                buttonType = MessageBoxButtons.YesNoCancel
            Case Else
                MessageBox.Show(Me, "ボタンタイプを選択してから再度「作成」ボタンを押してください")
                Exit Sub
        End Select

        MessageBox.Show(Me, TextBox2.Text, TextBox1.Text, buttonType, iconType)

    End Sub

End Class

-----

アイコンタイプのAsteriskとInformation、ErrorとHandとStop、ExcalmationとWarningが同じように見えるんだけど・・・違いがよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)