2007年11月13日 (火)

COASTER 富山公演

071113_coaster_2

 嫁が見つけてきてくれたCOASTER(富山公演)。最近の月9ドラマ「プロポーズ大作戦」の脚本の人らしい。あれ面白かったし、期待できるかも!そして役者も多彩。西村雅彦・金子貴俊・保田圭・・・あとは良く知らないけど・・・峰岸徹、そしてなんと言ってもモロ師岡!これは面白そう!

 最近は演劇を観る機会がほとんど無かったので、これはいいものを見つけてくれた。ナイス嫁。しかしなんで富山公演?って思ったら、主演の西村雅彦が富山出身らしい。なるほど。チューリップテレビから応募して、チケットを買いました。運良く前から4番目の席。ラッキー!

 ストーリーはというと、ある新米泥棒(西村雅彦)がバーに忍び込んだところ、そこに客(金子貴俊・高嶺ふぶき)が訪れてしまい、止むを得ずバーのマスターの振りをする事に。そこに新聞記者(東根作寿英)は来るわ、バイト希望の女の子(保田圭)が来るわ、しまいには本物のマスター(峰岸徹)まで現れて大騒ぎ・・・というドタバタなコメディ。大笑いさせる一方でしんみりさせて、最後はどこか「プロポーズ大作戦」を思わせるエンディング、という感じ。(パンフレットにあったあらすじとはだいぶ違う仕上がりでした)

 最初は「あれ?西村雅彦、大丈夫・・・?」「高嶺ふぶき?ミスキャストじゃない?」という不安も垣間見せたものの、徐々に調子が上がっていって、結局は大満足でした。モロ師岡はやっぱり一流の役者だなあ。もちろん西村雅彦もよかった。あと保田圭が可愛くてびっくりした。

 最後はスタンディング・オベーション。歓声もすごくて、西村雅彦は男泣きしてました。うちの嫁はそれを見てもらい泣き。富山県民の暖かさを感じました。こういう暖かさって、むしろ富山だからこそなのかなあと思うと、富山で見れて良かったとも思いました。

 観終わってからも、そのあとしばらくもずっと、じーんと胸に残る作品でした。「誰だって自分を変えられる。変われないのは変わる途中で諦めているからだ」 「バーテンの仕事はいい。どんな経験だって自分の糧にできる」

 やっぱり演劇はいい。ライブっていうのは本当にいい。もっといろんな演劇・音楽が富山公演に来てくれればいいのになあ。そう思いながら、久しぶりに陳麻家で坦々麺を食べて帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

世界遺産 五箇山

 富山県にある唯一の世界遺産、それは「五箇山」。

 一般的には岐阜の「白川郷」の方が有名だと思いますが、世界遺産としては「白川郷・五箇山の合掌造り集落」で、富山側の「五箇山」も世界遺産。人によっては、観光地化した白川郷よりも人の少ない五箇山の方が風情があって好き、という人もいるらしい。これは行っておかねば!

 というわけで、五箇山に行ってきました。五箇山には相倉と菅沼という2つの集落があります。まずは少し近い方の相倉へ。

071007_gokayama1

071007_gokayama2

 割と広々した集落で、急峻な合掌造りの家が並んでいます。集落の中や周りには色んな畑があり、昔は自給自足だったんだろうなあと思いました。まさに日本昔話の世界。

 ここから歩いて五分くらいの展望台に登ると、相倉集落が一望できました。いい景色!

071007_gokayama3

 

 続いて、もうひとつの集落、菅沼へ。こっちはもっと小さい集落。実にコンパクトというか小さくまとまっていて、その隠れ里感が実に見事!ちょうど稲穂が実っているところで、なんだかとっても気持ちのよくなるところでした。

071007_gokayama4

 調子に乗って、五箇山名物(らしい)の「五箇山豆腐」にも挑戦!ガイドブックによると、紐で縛っても崩れない固い豆腐らしいのだけれども・・・。出てきたのがこちら。

071007_gokayama5

 ふき味噌やわさび醤油ととてもよく合って、濃厚なしっかりした豆腐!結構美味い!五箇山まで足を運んだら、一度食べてみる価値あるかも。美味しかったので、こんなのも買ってみちゃいました。

071007_gokayama6

 「いぶりとっぺ」といって豆腐の燻製らしい。そのうち食べてみようっと。帰りがけには駐車場にすごい車が。どんな人が来てたんだ一体。

071007_gokayama7

 

 という感じで、世界遺産満喫でした。でも、それに負けないぐらいよかったのが、富山市内から五箇山までのドライブでした。下道をずっと行って、庄川沿いを登っていったのだけど、この道がとてもよかったです。なんというか迫力が素晴らしくて、景色だけでこんなに楽しめたドライブは初めてかもしれないなあ。高速で行かなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

魚津 埋没林博物館

 今週末は友人夫婦が富山に遊びに来てくれました。

 友人夫婦と合流して、まずは東へ移動。かつての心のオアシス、海の駅「蜃気楼」でお昼御飯。そしてそのまま、隣接する「魚津 埋没林博物館」へ。

 このすごい名前の博物館は、以前に別の友人に紹介してもらっていたので知ってはいたけれども、まだ行った事がありませんでした。博物館の資料によれば、「埋没林」とは読んで字の如く、埋まってしまった林のこと。2000年くらい前に土砂崩れで海に沈んだ囃子が、魚津の海水温度・pHなどによって腐食することなく現在まで保存されているようです。

 水中展示館というところに入ってみると、ひんやりした部屋の中に大きなプールがあり、その中に巨木が沈んでいました。

070922_maibotsurin

 写真では伝わらないような気がするけれども、これがもう思わず息を呑む幻想的な美しさで、まるで映画のセットを見ているような迫力でした。思い出すだけでわくわくしてしまいます。最初にこれを見てしまったので、他の展示はそこまでグッと来なかったのが残念。

 続いて、ホールのようなところで上映会があったので顔を出してみたのだけれども、蜃気楼の解説で、埋没林とは全然関係ありませんでした。蜃気楼の原理とかがわかったのはおもしろかったけど、まあそこまで見る価値があるかどうかは微妙な感じでした。

 

 その後は、友人が取ってくれた宇奈月温泉のホテルへ。宇奈月温泉はちょっとさびれた温泉街という雰囲気ですが、駅前では温泉の噴水があったりしてちょっといい感じです。

070922_unazuki

 夕食はホテルで。私がキノコが駄目で、友人がカニが駄目という富山の秋には脆弱な布陣に対して、「蟹茸御飯」という見事に最小公倍数的な料理が出て、私が茸を、友人がカニをひたすら取り除いたりしたのも楽しかったです。食後は温泉、卓球、と温泉旅館を満喫させてもらいました。さすがにニューハーフショーはパスしましたけれど。いい温泉でした。うちの嫁は特に大喜びでした。

 

 宇奈月温泉は、上流の黒薙温泉からパイプで温泉を引いているらしいのですが、昔使っていた木造のパイプがホテルの中に置いてありました。よくこんなもので長距離の液体輸送をしたものだと思いました。宇奈月温泉といえば、「宇奈月温泉事件」の舞台。「権利の濫用」が横行している現代において、社会というものがどうあるべきかと思いを馳せたりする温泉でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

おわら風の盆

 富山県が誇る夏祭り、「おわら風の盆」に行って来ました。

 テレビでもおわら風の盆のステージを生中継していたので家で観ていたのだけど、どうもいまひとつ面白そうじゃないし、民謡もあんまりグッと来なかった。ものすごい混むらしいし、今週末はちょっと疲れ気味だったので、行こうかどうしようか悩んだけれども、思い切って行って来ました。

 混雑回避のため、家を21時ぐらいに出て、会場の八尾へ向かいました。遠い方の駐車場に向かった事もあって、意外なほど山の中を走る事になってしまいました。

 会場の駐車場に着いたのが21時半を少し過ぎた頃。もう駐車場もガラガラでした。駐車場料金500円を払ってシャトルバスで会場へ。もう帰る人が多い時間帯で、会場へ向かうのは僕らぐらい。シャトルバスも嫁と2人で貸切でした。シャトルバスの運転手さんには「この時間からじゃあ、運が悪いと踊り観れないかもよ」と脅かされたりして、不安な気持ちを抱えながら10分かからないぐらいで八尾の町へ到着。

 町へ着いてみると、こんなアクセスが悪い場所なのに、人の多さにびっくり。でも右を見ても左を見ても、踊っていそうな人はいないし、唄も聞こえてこない・・・運転手さんの「観れないかもよ」という言葉が脳裏をよぎります。

 案内所の人が話しているのを聞いて、町をうろうろするけれども、楽器を弾いたり唄を歌っている人はいても、踊っている人達が見つかりません。街並みと道はすごい綺麗。日本の道100選に入ってる道のようです。

070902_owara01

 でも観たいのは踊り。しばらく歩くと、蔵みたいなところの中で踊っている人を発見。練習?それともVIPのために踊っていたりするのかな?

070902_owara02

 でも観たいのは路上での踊り、いわゆる町流し。しばらく歩くと、大きな通りを発見。そこでみんなで輪になって踊ってる。中央にはちゃんとした踊り手も。

070902_owara03

 でも観たいのは本職の人の踊り。もう観れないのかなあ・・・と諦めかけていたら、ついに町流しに遭遇!

070902_owara05_filtered

070902_owara06_filtered

 実に見事な踊りで、そして踊り手がみんなとても上手でした。踊り手は男性も女性も若い人ばっかり(多分)。暗い上に、傘をかぶって顔が見えないのが実に幽玄で、ある意味チラリズムの極みです。後ろからは唄い手・三味線弾き・胡弓弾きがついてきて、おわら節を唄いあげていました。この胡弓が実に泣ける音色で、もう鳥肌が立つほど良かったです。唄もテレビで観てるのよりも遥かに素晴らしいものでした。

070902_owara07_2

 

 この後、もう少し小規模な町流しにも遭遇。こっちはまた違う踊りで面白かったです。今度は動画を撮ってみました。

 満足して23時の最終バスで帰りました。(実は25時くらいまでバスは走っていた様子・・・最悪駐車場まで歩くか朝まで八尾にいるかの覚悟があればもっと遅くまで踊りを観ていられるみたいです)

 とてもいいお祭でした。また来年も行ってみたいなあ。ただとにかく残念なのは、観光客が多過ぎて、そして何よりマナーが悪い人が多すぎます。繊細なお祭だと思うので、本当に残念。そういう意味では、本祭よりも前夜祭に行った方がいいのかも。

070902_owara08_filtered

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

人体の不思議展

070826_jintai 会社の先輩にチケットをもらったので、人体の不思議展に行ってきました。

 昔に話題になっていたけど行ってませんでした。ちょうど富山に来ているとの事で、こんなところまではるばる来てくれてる事に感謝しながら富山市民プラザに足を運びました。

 ***こういうのが苦手な人は、以下は読まない方がいいと思います***

 で、感想なのだけれども・・・なんだかガッカリしてしまいました。人体の輪切りがグロくて気持ち悪くなったとかそういうことではなく、以下の2点がすごく気になってしまったのです。

 (1) 標本のどこが何なのかという説明がまるで不足していたり、標本の置き方・見せ方などに、来場者に人体を知ってもらおうという意識が感じられない

 (2) 標本に無理な(悪趣味な)姿勢をさせていたりして、献体者への尊敬の念が感じられない

 このせいで、医学を志す人の勉強になるわけでは無くなってしまっているし、人体の素晴らしさに目をみはるようなものでも無くなってしまっている。もちろん子供に何かを教えるようなものでも無くなってしまっています。どういう人をターゲットにしているのだかよくわかりませんでした。また人体を文字通り見世物にしているようで、あまり気分のいいものではありませんでした。例えば自分の身内や知人が献体している人がいたら、きっととてもがっかりすると思います。

 標本は「プラストミック標本」というもので、とてもよくできていました。でも要はプラスチック。専門の人にとっては違うのかもしれないけど、私にとっては本物の人体でも模型でも大差無いなあ、という程度のリアリティでした。この技術で医学はまた一歩前に進めるのでしょう、それは確かだと思います。ただこの展示会は「どう?プラストミックすごいでしょ?」みたいな意図が強すぎて色々なものがおろそかになってしまっているように感じました。こういうのは本当に見せ方一つだと思うので、そういう意味ではこの展示では本当に惜しい事をしているなあと感じました。

 頭部や肺、内臓の血管や神経(あんなに太い血管や神経があるとは思わなかった!)、後半の病変臓器コーナーは面白かったです。真っ黒い喫煙者の肺を見て「タバコこえー!」と思ったり、ここが一番リアリティを感じました。むしろこうした内容を先に持ってきた方が展示としてはいい展示になったんじゃないかなあ。こういう流れを無視した、明らかにインパクト重視という展示の仕方もなんだか納得行かないものでした。

 普通の入場料が1,500円なのかな。この金額を払うなら、そのお金で医学書を買うか、映画を観に行った方がずっといいと、私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

金沢旅行:兼六園・成巽閣・21世紀美術館

 その後は兼六園へ。日本三名園はどれもまだ行った事なかったので「初の日本三名園!」と楽しみにしてました。

070817_kanazawa03_kenroku1

 200年近くも前に、大した動力を使うことも無くこんな池泉回遊式の庭園が造られていたなんてすごい。行ってみるまでわからなかったのだけれども、園内に高低差があり、見晴らしが素晴らしかったです。この高低差を使って(ポンプなどを使わずに)噴水や滝を為している訳ですね。

 そして園内の成巽閣へ。ここはタクシーの運転手さんから「兼六園よりここに行かなきゃだめだよ」と猛プッシュされたので、閉館時間ギリギリに滑り込めました。

 中は写真撮影が禁止だったので写真はないのですが、ここが実に見事でした。人も少なくてゆっくりできたし、江戸時代後期の建築美というものを堪能できました。兼六園まで行く機会があれば、ここも是非とも行くべきですね。おすすめ。

 兼六園はよかったなあ。でもやっぱり夏の兼六園は、春・秋・冬に比べて見劣りするかもしれません。また季節を変えて行ってみよう。

 

 その後は兼六園の隣の21世紀美術館へ。なかなか面白い美術館でしたが、何より涼しくて助かりました。今日は暑くって・・・。

070817_kanazawa03_kenroku2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢旅行:茶屋街

 駅からバスで茶屋街へ。バスから降りたらそこがもう主計町茶屋街でした。

070817_kanazawa02_chaya1

 人も少なくてこじんまりとした落ち着いた街並み。とても予約無しでは入れないようなお店ばかり・・・。

 ここから浅野川を渡ると、ひがし茶屋街。

070817_kanazawa02_chaya2

 こっちはずいぶん様子が違って、人も多いし道も広くて、とてもにぎやかな雰囲気の街並み。お土産屋さんなども多くて活気があります。重要文化財のお茶屋「志摩」に入ったりお土産選んだり、いかにも観光地という風情を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

環水公園まつり

 近所にある環水公園というところでお祭をやっていたので散歩がてら寄ってみました。

 すると、ここでもYOSAKOIがやってたので思わず見ちゃいました。写真は、前にも見た富山大学のチーム。やっぱりなかなか良いチーム。

070812_kansui1

 富山まつりはちゃんとした大きなステージだったけど、こっちは小さくて周りもオープンなステージで照明も少なく、なんとなく薪能みたいなある種の幽玄な雰囲気。またステージが小さいので密度が高く、群舞という感じでこれはこれで面白かったです。

 これが富山まつりで優勝したチームの踊りです。

 富山まつり同様、踊る人やその関係者が中心で、とても楽しそうでした。今度は終わった後にいろんなチームがみんなで踊る「総踊り」も見られたので満足。みんなで合わせて踊っていたから、一応「型」とでも呼ぶようなものがあるみたいだった。YOSAKOIはひたすら自由な踊りかと思っていたけど、基本の型はあるんだ。なるほどね~。

 総踊りが終わるとほぼ同時に、運河の反対側から花火が上がりました。例によってこんなに近くで花火が見れて満足。音楽に合わせた長尺のスターマインだったのだけど、こういう小さい会場でやってくれれば音楽もよく聞こえて、花火ともずれないのでとても綺麗でした。小さい会場なりの楽しいお祭で、大満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

富山まつり

 先日車で富山市内を走っていたら、8月4~5日に「富山まつり」というものが開催されるためにその時は通行止めにするよ、という看板が出ていました。家に帰って調べてみると、どうやら「富山まつり」は県内最大のお祭りらしく、富山名物の「越中おわら踊り」と「YOSAKOIとやま」とが両方見ることのできる唯一のチャンスとのこと。

 でもな~、「越中おわら踊り」は本場の「おわら風の盆」に行く予定だし、「YOSAKOI」ってのも別に富山の踊りって訳でもないからあんまり興味無いな~。それより何より暑くって、昼間に外に出る気がしないよ。

 と思っていたのだけれども、テレビをつけたらえんえんとYOSAKOIのステージを放送していたので、何となく見ちゃいました。それを見てると、上手い下手は別として、子供も踊り、老人も踊り、いい大人も踊り、若者も踊り、衣装もみんな凝っていて、音楽も富山の民謡をベースにしたアレンジを各チームごとに作っていたりして、ある意味とても情熱を感じました。日が暮れてから第二部をやるとのことだったので、それならちょっと見に行こうか、とYOSAKOIのステージがある県庁前の公園に顔を出してみました。

 そしたらまずびっくりしたのが、関係者の多さ。YOSAKOIに参加している人がやたらあちこちにいて、しかもその家族とかそんな感じの人もいっぱい。前の福野夜高祭でも思ったけど、地元と共生している祭というか、地域の人が作り上げている祭という感じで、こういうのなんだかいい感じだなあ。

 そして、人は多いのだけれども富山の人は押しが強くないというか、前へ前へ出ようとしないようで、案外ステージのすぐ前の方が空いていて、とてもいい場所に陣取って踊りを見ることが出来ました。テレビで見た昼の部に比べると夜の部は格段にレベルが高く、それを間近で見るのはとても迫力がありました。

070805_toyamamatsuri1

 YOSAKOIには鳴子がつきもののようだけど、他にも大旗があったり、MC(というのかな?)があったり、生演奏があったり、生唄があったり。特に上手い生演奏や生唄はいいね、本当に。あと踊れる子供は本当に可愛いなあと思いました。

 評価は高くなかったけど富山大学のチームなんか、いろいろな意味での若さがあふれていて(こういう言い方が歳をとったなあと思う)、とてもいいチームでした。若者がこういう祭に参加していること、そういう若者が参加できる祭があること、どちらもとてもいい事だなあと、踊りを見ながらほんのりと考えていました。

 これが優勝したチームで、とてもいい踊りでした。もう十年近く連続出場してるチームみたいでした。

070805_toyamamatsuri2

 表彰式が終わると、誰だかよくわからん人が出てきてごちゃごちゃ喋った後に「え~、今年は時間が押しているので○○踊りは止めにして、今から映像を流します」とか言って、ステージ脇のスクリーンに映像が流れる。映像は今年のYOSAKOIの写真を集めたもので、自分のチームが映る度にあちこちで歓声が上がる。そうか、やっぱりこの祭は見るものじゃなくて参加するものなんだな。納得してじわっと感動。

 と、いきなり目の前のステージからじゃんじゃん花火が上がる。近っ!花火の規模は小さいけど、あまりの近さにものすごい迫力のフィナーレでした。とても満足した富山まつり、来年はYOSAKOIが路上で踊ってるところもみたいなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

第99回九谷茶碗祭

 連休最終日は石川県まで足を伸ばして、「九谷茶碗祭」に行ってきました。相当由緒のあるお祭のようで、びっくりするぐらいの動員数と歴史を誇るようです。九谷焼というのは恥ずかしながらあまりよく知らなかったのですが、引越しも終えて一段落し、新しい生活に新しいお皿を入手しに行ったというわけです。

 カメラを持っていくのを忘れてしまったので、お祭の様子をアップロードできないのが残念ですが、確かにすごい人出でした。祭の縁日のように、道路の両側にズラーっと露店と九谷焼のお店が並んでいて、値段も100円以下のものから数万、数十万円(場所によってはもう数百万とか)のものが入り乱れていて、実に楽しめました。特に人間国宝である徳田八十吉さんの作品はため息が出るほど綺麗だったけど、値段もため息が出るほどでした。やらなかったけどろくろ体験教室なんかもやってました。

 お店の人もジャンジャン値引いてくれて、交渉のし甲斐がありました。いいものがたくさん安く買えて、とても満足。100回記念の来年も行かねばなるまいと思いました。

0705_kutani01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧