2006年2月28日 (火)

偏頭痛 と コカ・コーラ「爽健美茶」

 ちょうど1年前くらいのこと、週末になると頭痛がして寝込むようになってしまった。最初は頭痛薬を飲んだりしていたのだけれども、あまりに頻繁に頭痛がするので、根本原因を考え始めた。

 いつも週末、という辺りがストレス系の匂いがプンプンする。でもそれって、わかったところでどうしようもないよなあ。ストレス発散?というかストレスの自覚無いし。

 とか思っているうちに頭痛はますますひどくなり、頭の血管が脈打つような痛みに変わってきた。吐き気もするようになった。こ、これは・・・脳血管系の病気に違いない!死ぬ!死ぬ!と思って、慌てて病院に駆け込んだ。人間が追い詰められると冷静さを欠く典型的なパターン。

 病院ではとりあえずCTを撮った。特に問題なし。あれ?「何ならMRIも撮っておく?」ということだったので、すかさず予約し、次の週にMRIを撮る。特に問題なし。あれ?

 というわけで、脳血管系の病気ではなかった。残念、安心。医者によれば「偏頭痛」という病名になるらしい。偏頭痛にも様々なタイプがあるようで、私の場合はおそらく(1)ストレス状態から抜ける、(2)食生活(特定の飲食物の摂取など)、の2点が引き金になっているのでは、とのことだった。家系的なものもあったり、30歳前後で発症する人も多いみたい。一生付き合う病気だとか。薬で抑えることもできるようだけど、やっぱり定常的に対症療法で薬を飲みつづけるというのも避けたいので、とりあえず断った。

 脳血管系の異常がないとわかった今、偏頭痛とどう付き合っていくかを考えなくてはならない。(1)のストレスは・・・自覚症状がないだけに、本当かな?とすら思ってしまう。あとどうしようもないような気がする。(2)の食生活は・・・ちょうど結婚して1年ぐらいたったところであり、確かに食生活環境は独身の頃と比べたら大きく変わっている。だけど、独身の頃の食生活が良かったか、というとそれは決してそんな事無いし、独身の頃の食生活に戻る気は一切無い。

 どうしたもんかなーと思っていた時に、活性酸素がどうとか言う薬が偏頭痛に効くという話を聞いた。怪しいなあと思いながらも成分を見ると「大麦・緑茶・玄米・・・」などなど。まあ身体には良さそうだな。とここで独身時代の食生活を思い出す。お茶は全て「爽健美茶」を飲んでいた。調べてみると、爽健美茶の成分は次の通り:

ハトムギ、玄米、緑茶、大麦、プーアル茶、ナンバンキビ、どくだみ、はぶ茶、チコリー、月見草、ビワの葉、(ビタミンC)

 おお、さっきの薬の成分を概ね網羅してそうな勢いだ!そうか、これを飲んでなかったから頭痛がするようになったのか!と一人納得、嫁を説得して大量に爽健美茶を買い込み、飲むようにした。(あとついでに、牛乳もよく飲んでいた事を思い出して、牛乳も飲み始めた)

 そしたら偏頭痛が治った。今でもたまに軽い頭痛がすることはあるけど、年に数回だし、以前に比べたら軽い軽い。爽健美茶のおかげだ。恐るべしコカ・コーラ。それか牛乳のおかげだ。恐るべしウシ。

 余談だけど、MRI最高。あれはいいものだ。何がいいって、検査部に人間が入っていくというのがいい。普通は人間が固定されていて、検査部が動くものだと思う。まさに発想の転換。ベルトコンベアに乗せられたような気分。人間の尊厳はどこへ。あれを最初に考えた人間のセンスはすごいね。友達になりたい。まだMRIやったことない人は、是非一度お勧めします。

 なおMRIは事前に「うるさいので注意してください」(何を?)という説明があって、部屋にも「大きな音がします」とか書いてあったけど、MRIが動き始めてからその真意がわかった。信じられないぐらいうるさい。中世の拷問かと思った。機械がこんな音を立てたら、命にかかわるような緊急事態が発生していると思うのが普通だろう。おかしくて笑いが止まらなかった。

| | コメント (16) | トラックバック (0)