2007年3月26日 (月)

引越(家族帯同)

 ついに家族帯同の引越しができ、やっと嫁と一緒に暮らせるようになりました。家族が一緒というのはいいものです。めちゃくちゃ忙しかった応援業務からも少し距離を置いて、本来の仕事(やっぱり忙しいのだけれど)に戻れるようになったし、良いことづくめです。

 今回は業務命令による引越だったため、引越し費用のほかに引越し手当、勤務地での家賃補助が出ました。従業員に厳しい(?)うちの会社も、こういうところはちゃんとしてるのだなあとびっくりしました。

 新居はメゾネットタイプ。上階の人の物音に悩まされることも無いし、下階の人を気にすることも無いので気楽。階段の上り下りがしんどいという難点はあるのだけれども・・・。

 今回物件を探していてすごいと思ったのは、ここらでは次のような装備の物件が普通にあること。

  • 二重サッシ
  • 駐車場複数台
  • 倉庫
  • サンルーム
  • 融雪装置
  • ウォシュレット

 家に力入れてるなあ・・・。今回借りた、新しい我が家にもサンルームと融雪装置以外はついてるし。夜中に電気コンロのブレーカーが落ちるレオパレスとはえらい違いです。

 我が家ではあと「1坪風呂」を選択していて、これが実にいい。風呂に入りたくなります。早速、「ケロリン湯桶」を買ってきて使っています。

070326naigai_1

 通勤時間10~15分、その間信号3つだけという、きわめて通勤にめぐまれた立地を選んでくれたうちの嫁には感謝が尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

引越(単身赴任)

 転勤しました。

 今の会社に就職してからは初の転勤です。勤務地も北陸で、今まで住んだ事のない場所・・・不安。

 うちの嫁が事情で一緒に引越しできないため、この春までは単身赴任ということになります。まあ期限が決まっているので安心ではあるのだけれども。

 

 引越先のレオパレスに到着早々、すごい雪と風がお出迎え。

Photo

 おそるべし北陸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

魚洗鍋

0607_gyosenn 先日の麻婆豆腐のお店は立川中華街というところにあるのだけど、そこで魚洗鍋(ぎょせんなべ)というものを知った。

 写真のような鍋で、手の平を濡らして取っ手の部分をこすることで鍋が共振して、水面に波が立つらしい。この波の立ち具合で運勢を占う、とか書いている。

 早速やってみたのだけど、これが全然波が立たない。うちの嫁はこういうことにはめっぽう器用なのだけど、そんな0607_gyosenc_1 嫁でもすぐには波が立たなかった。これは難しい・・・。

 しばらく(実際には次の日も)練習して、うちの嫁はだいぶコツを掴んだ様で、結構しっかり波が立つようになっていた。すごい。「真ん中に水柱が上がらない・・・」と悩んでいた。私はえらく小さなさざ波がどうにか立てられるぐらい。嫁とは次元が違う。私と嫁とでだいぶ波の立ち方が違う・・・どの部分の固有振動を選択するかで波立ちがこうも違うというのは実に面白い。

 私も嫁もこういうのが好きで、つい翌日も足を運んでしまった。近所にあったらちょいちょい練習しに行きそうだ。そうか、こうして客を集める装置として効果的なのだね。

 もちろんこれで占えるのは運勢というよりは、練習量や手の平の状態なのだけれども、平常心の維持や集中力も関与しているという意味では、体調や運勢も占えるということなのだろう。おそるべし中国四千年の歴史。

| | コメント (0) | トラックバック (0)