« 2007年10月 | トップページ

2007年11月13日 (火)

COASTER 富山公演

071113_coaster_2

 嫁が見つけてきてくれたCOASTER(富山公演)。最近の月9ドラマ「プロポーズ大作戦」の脚本の人らしい。あれ面白かったし、期待できるかも!そして役者も多彩。西村雅彦・金子貴俊・保田圭・・・あとは良く知らないけど・・・峰岸徹、そしてなんと言ってもモロ師岡!これは面白そう!

 最近は演劇を観る機会がほとんど無かったので、これはいいものを見つけてくれた。ナイス嫁。しかしなんで富山公演?って思ったら、主演の西村雅彦が富山出身らしい。なるほど。チューリップテレビから応募して、チケットを買いました。運良く前から4番目の席。ラッキー!

 ストーリーはというと、ある新米泥棒(西村雅彦)がバーに忍び込んだところ、そこに客(金子貴俊・高嶺ふぶき)が訪れてしまい、止むを得ずバーのマスターの振りをする事に。そこに新聞記者(東根作寿英)は来るわ、バイト希望の女の子(保田圭)が来るわ、しまいには本物のマスター(峰岸徹)まで現れて大騒ぎ・・・というドタバタなコメディ。大笑いさせる一方でしんみりさせて、最後はどこか「プロポーズ大作戦」を思わせるエンディング、という感じ。(パンフレットにあったあらすじとはだいぶ違う仕上がりでした)

 最初は「あれ?西村雅彦、大丈夫・・・?」「高嶺ふぶき?ミスキャストじゃない?」という不安も垣間見せたものの、徐々に調子が上がっていって、結局は大満足でした。モロ師岡はやっぱり一流の役者だなあ。もちろん西村雅彦もよかった。あと保田圭が可愛くてびっくりした。

 最後はスタンディング・オベーション。歓声もすごくて、西村雅彦は男泣きしてました。うちの嫁はそれを見てもらい泣き。富山県民の暖かさを感じました。こういう暖かさって、むしろ富山だからこそなのかなあと思うと、富山で見れて良かったとも思いました。

 観終わってからも、そのあとしばらくもずっと、じーんと胸に残る作品でした。「誰だって自分を変えられる。変われないのは変わる途中で諦めているからだ」 「バーテンの仕事はいい。どんな経験だって自分の糧にできる」

 やっぱり演劇はいい。ライブっていうのは本当にいい。もっといろんな演劇・音楽が富山公演に来てくれればいいのになあ。そう思いながら、久しぶりに陳麻家で坦々麺を食べて帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ