« おわら風の盆 | トップページ | 魚津 埋没林博物館 »

2007年9月 7日 (金)

荒木飛呂彦、Cellの表紙を描く

070907_araki すごいニュースを見ました。

 「人気漫画「ジョジョ」の荒木さん 米生物学誌の表紙描く

 前にも書いたけれども、荒木飛呂彦と言えばぼくらの世代にとってはヒーロー以外の何者でもない訳で、そんな荒木飛呂彦御大のこんなニュースを聞いた時の感動は「至福」以外の言葉では表せそうもありません。

 実物見てみたいな~。どこかの大学生協なら売ってるのかなあ。でもバカ売れして手に入りにくいだろうなあ。

 

 こうした、ある種の擬人化が行われがち(と私が勝手に思ってる)な生物の分野と、荒木飛呂彦御大の描くイメージを実在させたような画は、割と相性がいいように思います。太古の昔は非常に近かった芸術と科学は、現代では別々の道を歩んでいるけれども、こういう色々な機会を経て、また近づいていったら楽しいのにな、なんてしょうもないことすら考えてしまったりしました。

 

 こうして食いつくことで、この瀬藤准教授とCell編集部の目論見は大成功というところでしょうか。この成功に乗じて、この路線をたまにやってくれることを期待します。えーっと、Cellということで次は鳥山明陛下で。

|

« おわら風の盆 | トップページ | 魚津 埋没林博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/16389543

この記事へのトラックバック一覧です: 荒木飛呂彦、Cellの表紙を描く:

« おわら風の盆 | トップページ | 魚津 埋没林博物館 »