« 麻婆豆腐 | トップページ | おわら風の盆 »

2007年8月31日 (金)

大門素麺~去り行く夏を惜しんで

 今日で8月も終わります。初めての富山の夏は信じられないぐらい暑かったので、「今日は去り行く夏を惜しんで素麺!」ということにしました。「前もそんな事言ってなかった?」と嫁に言われたからには、きっと毎年言っているに違いないです。要は素麺大好き。

 関西に住んでいた頃は素麺に恵まれていました。何と言っても揖保の糸があり、三輪素麺も簡単に入手でき、あわせて嫁の実家から小豆島の素麺が届いたりして。

 では富山では、というと大門素麺というものがあります。油を使わずに伸ばすらしく、そのせいかどうかわからないけれども、一般的な素麺の「ストレートの乾麺を帯でくくっている」という形式じゃなくて、「ぐるぐる巻いた素麺を四角く束ねている」という形状になっているのです。

 まずは現物。これがパッケージ。正方形という時点で何かが違います。生産者の名前が入った手延素麺。

070831_ookado1

 開封してみるとこんな感じ。結構しっかりと酸っぱい匂いがします。

070831_ookado2

 早速茹でてみました。麺が普通の素麺よりは若干太めで、茹で時間は3分ぐらい。なかなかほぐれてくれず、これは付きっ切りでしっかりほぐさないとうまく茹でられ無さそう。(他の事もしながら茹でてたら、一部ほぐれずに茹できれないところができてしまった・・・)

 麺は腰があって美味しい!そして長い!いい素麺、美味しかったな~。

 普段使いにはちょっと高いので(上の1パックで400円近くする)、それを考えるとどうかなあと思うけれども、素麺好きは一度は食べるべき、そんな大門素麺でした。

|

« 麻婆豆腐 | トップページ | おわら風の盆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/16316426

この記事へのトラックバック一覧です: 大門素麺~去り行く夏を惜しんで:

« 麻婆豆腐 | トップページ | おわら風の盆 »