« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

初めての練習(自転車)

 という訳で今日は師匠と練習する日。早起きしてみると天気もいいので師匠に電話する。「よし行くか!ただしあと1時間待って。昨日飲み過ぎて・・・もう少しでアルコール抜けるから」って師匠どれだけ鉄人ですか。

 まず師匠の家までのんびり自転車で行って、そこから市街地を抜けて・・・いよいよサイクリングっぽくなって来ました!

 今日は初のボトル持参のサイクリング。「水分補給はコマめにな」と言われたので早速見よう見真似で走りながらボトルから水を飲もうとすると・・・まだ馴染んでないのか、ボトルがボトル入れ(ケージ)から全然抜けない。無理して抜こうとすると転びそうで、信号待ちの時しか飲めない。まあいいか!と思ってると、どんどん郊外に出てきて信号が少なくなり、信号待ちなんかありゃしない。うーん、コマめな水分補給って難しい。

 そしてしばらくするとアップダウンが出てくる。あれ?足ってこんなに動かなかったっけ?と思うぐらいしんどい。しかもまだ立ち漕ぎができない(不安定)、小学生レベルの自転車乗りなので、どうにもそのしんどさを分散できない。これは早速えらい課題を見つけてしまった・・・そしてこのコースにはすごい坂が2箇所あるらしい。大丈夫だろうか?

 早速その1箇所目の坂に差し掛かると・・・師匠の後姿があっという間に見えなくなる。曲がりくねっている坂道なので、どこまで続くかもわからず、ひたすら自転車を漕ぎつづける。雨まで降ってきて、もう折れそうな心とつりそうな足に「あのカーブの向こうできっとこの坂も終わるから、そこまで頑張ろう、もう終わる、もう終わる」と希望的観測を言い聞かせながらひたすら漕ぐ。ザ・修行。どうにか登りきった時はすごい開放感だった。「あ~今ビール飲んだらウマいんだろうな~!」と思った。ビール飲めないのに。

 ちょうど登りきったところで師匠が待っててくれて、しかも雨が強くなってきたので、しばらく雨宿り。師匠は退屈だったろうけど、私にとってはまさに天佑、恵みの雨。この雨宿りが無かったら生きては帰れなかったと思う。ついでにビンディングの調整までしてもらえて、まさにラッキーな雨でした。

 そしていよいよ2箇所目の坂。こっちはもうさっきとは比べ物にならない坂が延々と続いている。今回もどんどん小さくなり、すぐに見えなくなる師匠の背中。今回も先ほどと同じ希望的観測作戦で登り始める。あ、いけるかも、と思ったのが甘かった。「あのカーブの向こうで坂が終わるかも・・・」と思いながら見えてきたカーブの向こうは、今までよりさらに急で長い坂。ここで完全に足が動かなくなり、一時停止。しばらく休憩してから再会しようとしても、心も足ももうダウンしちゃってました。しょうがないので手で押して坂を登って行ったのだけど、正直言ってこの辺の記憶が曖昧・・・

 その後はもうギブアップさせてもらって、海に抜けて海岸沿いを走って帰路に着きました。とは言っても疲労が抜けきれず、魚津の道の駅(ここは「海の駅」というみたい)で休憩&軽食したりしてもらったりしながら。しかしやっぱり平地は楽!普段いかに平地しか走ってなかったか、ってことだね。坂道の練習、しなくちゃ。

 帰りに通行止めのところが出来てて(でも自転車は通れた)、のぞいてみたらお祭をやってました。博物館の池で子供をカヌーに乗せてたり、いろいろ楽しそう。あれ?だいたひかる?

070728_daita

 だいたひかるのネタはこういう祭向きじゃなくて、なんとなくスベった感があってつらそうでした。しかしこんなのに遭遇できるような小回りの良さも自転車の魅力。

 

 結局この日の走行距離は、師匠の家起算で77km。師匠の家まで片道数km走ってることを考えると、80~90kmぐらい一日で走りました!もちろん新記録!いや~修行のように疲れたけど、楽しかったし満足しました。改めて師匠に感謝!しかし「この後泳ぎに行く」って、やっぱりこの人の鉄人っぷりにはまるで敵いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

庄川小矢部自転車道

 師匠に「明日こそ練習な。朝8時にウチ集合」と言われたら「ハ、ハイ」としか言えません。

 なので今日は仕事も早々に切り上げて、アップがてら軽く走っておく事にしました。行き先はもうひとつの大規模自転車道、「庄川小矢部自転車道」。webで調べてたら、廃線になった線路跡を自転車道にした、とか。なんだか楽しみ。

 早速走り出す・・・前に、どこから自転車道が始まっているのか見つけるまでが相当大変でした。しんきろう自転車道は結構わかりやすかったのにな~。

 どうにか見つけて走り出すと、ぶらぶら走る地元の人ばっかり。確実に地元の自転車通学/通勤の人用の道路と化してる。走ってるところもなんだか牧歌的なところばかりで、不思議な感じでした。

070727_shogawaoyabe1

 しばらく走ると、道路が山の中へ入っていき、えらくジグザグと曲がりくねり始める。まあ電車も山を越えないといけないからね、しかしこんな急なジグザグは・・・もしやスイッチバック方式?とか思いながら坂道を登っていくと・・・急に傾斜がきつくなり、しかも階段が目の前に現れる。

070727_shogawaoyabe2

 しょうがないので自転車を押して階段を昇り切ると道路と合流。でもまだ階段・・・

070727_shogawaoyabe4

 いい加減階段に嫌気がさしました。時間も日没が近かったので、今日はここまでにして坂を下りて帰りました。

 

 でもなかなかのんびりして楽しかった。これも「明日練習行くぞ!」と言ってくれた師匠のおかげ。やっぱり何にしても師匠というものの存在はありがたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

初めてのお出かけ(自転車)~しんきろう自転車道

 自転車の師匠(会社の先輩)から「そろそろ練習行くぞ!」との命令(?)で、今日は朝から自転車で遠出する・・・予定だったのだけど、天気に恵まれず中止。

 その後昼から天気も回復したので、自主練がてら近所を走ってみることにしました。

 車通りが多い道には怖くて入れない(子供かよ!)などのトラブルもありつつ、とりあえず目的地だった岩瀬浜海岸に到着。サーフィン・ウインドサーフィン・ジェットスキー・バーベキューなどしている若者がいっぱいいて、夏だなあという感じがあふれていました。そんな中でヘルメットやら手袋やらフル装備している32歳は確実に浮いてたね。

 というわけで早々に海岸から離れようと自転車を漕いでいると、「しんきろう自転車道」の看板を発見!まだ車が怖い自転車初心者としては願ったりかなったり!「しんきろう自転車道」という名前もなんか良さそうだし、なんだか風情もいい感じ。というわけで早速しんきろう自転車道に乗り込む。

 道は狭いのだけれども車が来ないというのは嬉しい。海岸線をずっと走っているので、眺めもよくて気持ちいい!これはいい道を発見したな~。ただ人が多すぎて、あまりスピードを出せなかった。犬の散歩をしてる人が案外多くて、しかもなぜか大型犬ばかり。吠えられてビクッとしたり。また海岸線をずっと走るということは、海水浴場を横断したりするので、なんだかすごい場違い感があったり。

 そんな調子で10kmくらい走ると、急に自転車道が無くなってしまった。いきなりまた車道に放り出されて途方にくれる32歳。来た道を戻るとまた海水浴場を横断する事になるから「ママ~、あの変な格好した人がまた来たよ~」「コラ、見ちゃいけません!」みたいなことになると嫌だし、普通の道で家まで帰ることにする。

 と、これが大失敗。元から引っ越してすぐで土地勘も無い上に、よくわからない道でよくわからないところにいたもので、散々あちこちをうろうろする羽目になりました。おまけに軽く雨まで降ってくる始末。迷子になって雨に降られるなんて、小学生以来だ。まあそんな思いをしながらも無事に家に到着。結局2時間半で30~40kmというところの遠出でした。

 

 あとで調べたら「しんきろう自転車道」というのは正式名称が「富山朝日自転車道」というもので「大規模自転車道」というのの一つらしく、相当遠くまで行っているみたい。この日は単に道の続きを見失ってしまっただけみたいでした。しかし大規模自転車道なんてものがあるとは全然知らなかった。富山にはもう一つ大規模自転車道があるみたいなので今度行ってみようっと。

 それにしても師匠に使えと言われた自転車用のスパッツは快適。尻の痛さが全然違う。あと風があると案外上半身は冷えることがわかった。夏でこれなんだったら、長袖の服も欲しいなあ。やっぱり新しい趣味を始めるといろいろと欲しくなるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

自転車始めました(GIANT TCR購入)

 久しぶりに新しい趣味を始める事にしました。それは自転車。いわゆるロードレーサーです。

070709_tcr1

 学生の頃はまあまあの自転車には乗っていたのだけど、こういうちゃんとした自転車に乗るのは初めて。とりあえず両足がビンディングでペダルに固定なのにビックリ。

 乗ってみると、これが実に軽くて乗りやすい!自分の力を推進力に変える効率がすごく良くて、もっと早くから乗っていればと思いました。

 公園をのんびり走っていたら会社の先輩に出くわしたので止まったら、ビンディングを外せず、そのまま横転。おかげで携帯は傷がいって歪むし、腰に青アザはできるし、腕は砂利まみれになるし・・・こうして自転車で転んだのなんて何年ぶりだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

画像処理エンジニア検定受験

 CG-Arts協会主催の画像処理エンジニア検定を受験してきました。仕事でもいろいろな画像からデータを取り出すプログラムを作ったりする事が割と多いので、一度しっかり勉強しようと思って、この資格を受験する事にしました。

 この資格には1級・2級・3級があるのだけれども、1級の受験資格は2級合格ということなので、実際にはすぐに受験できるのは2級と3級。公式問題集を取り寄せてみたら、2級と3級が同じ冊子だったので、2級と3級を併願して受験する事にしました。この試験は種類が多いので、こんな風にいくつかの種類を併願できるのがひとつのメリット。

 受験会場に行ってみると、受験番号ごとの部屋割りの紙が貼ってある。えーっと。3級の併願は1人?2級の併願も3人?少ない?

 午前は3級の試験。えーっと、教室ガラガラなんですけど・・・。結局全部で6人ぐらい。この資格、大丈夫だろうか。

 気を取り直して午後の2級の試験。またガラガラなんだろうなあ~と思って教室に入ると、20人以上いてびっくり。こっちがメイン?しかもなぜだか年齢層が高い。平均受験者年齢は35~40歳とかかなあ。

 まあとにかく終わって一安心。どっちも受かっているといいんだけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »