« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年8月 2日 (水)

恩田陸「エンド・ゲーム」

0608_onda_tokono3 恩田陸の常野シリーズ3作目「エンド・ゲーム」。(第1作目は「光の帝国」、第2作目は「蒲公英草紙」)

Amazonの内容紹介はこんな感じ:

出版社 / 著者からの内容紹介
「常野物語」の最新作、早くも登場!
「裏返さ」なければ「裏返される」??正体不明の「あれ」と戦い続けてきた拝島親子。だが母が倒れ、残るは一族最強の力を持つ娘だけに。息もつかせぬ展開の果てに、驚愕の真相が明らかに!

内容(「BOOK」データベースより)
裏返されたら、どうなる?正体不明の存在「あれ」と戦い続けてきた一家。最後のプレイヤーとなった娘が誘い込まれたのは、罠と嘘の迷宮だった。「常野物語」最新長編。

「光の帝国」ですっかり心を掴まれてしまったのだけど、「蒲公英草子」ではちょっとがっかりさせられた。3作目となる本作でどうなるか・・・と期待半分、不安半分で読み進めました。

まず最初に、この作品も前作と同じく、「光の帝国」を読んでから読んだ方が良さそう。用語についていけなさそう、というのもあるし、結論を先に言ってしまえば、やっぱり「光の帝国」の方が面白い。

だけど、この「エンド・ゲーム」は読む価値があった。この作品のベースになっている短編「オセロ・ゲーム」は常野シリーズの中でもちょっと独特というか、肉感的なグロテスクさが漂う作品で、他の作品とちょっと違う風合いを呈していた。私はその感触がこう咽に突き刺さった骨のように気になって頭から離れなかった。ので、こうした中~長編の題材に「オセロ・ゲーム」が使われているのは、実に期待をかきたてられた。

本作品のテーマは、やはり「価値観を疑え」ということだろうか。いつも「オセロ・ゲーム」のように白黒はっきりつけられるとは限らない、目上の人間の言う事がいつも正しいとは限らない、正しいものがいつでも・いつまでも正しいとは限らない。

特に、常野の超能力が陳腐化していくというテーマ周辺は、実に切なかった。これは私たちエンジニアにも言えることで、今まで色々と身に付けて来たつもりの知識・スキル・経験が、本当に今でも役に立つのかどうかということは常に問い続ける必要がある。それは超能力の世界でも同様・・・切ない。

ラスト近辺の慌てっぷり、バタバタした感じは、賛否両論だろうなあと感じた。「解決は?これで終わり?」と思う反面、「白黒きっちり説明されるよりも、これからの作品を楽しみにしよう」と思うところもある。まあ、これはこれでいいんじゃないだろうか。

10点満点で8点。

常野だより」なるwebサイトを発見。こういう世界観がしっかりしている作品には、こういうwebサイトがあるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »