« キャベツとソーセージの具沢山スープ | トップページ | アンディ・ライリー「自殺うさぎの本」 »

2006年7月 8日 (土)

緑寿庵 清水「金平糖」

060708_konpei この週末は有休をくっつけてしばらく東京にいました。その際、実家への手土産にしたのがこの緑寿庵清水の金平糖。

 ここは日本唯一の金平糖専門店として有名らしく、以前も実家で話題になっていたのだけど、京都伊勢丹地下ではいつも売り切れのようで、まだ現物を見たことが無かった。今回たまたま通りかかったら売っていたので、とりあえず買ってみた。写真は500円のイチゴ味。

 他にもスウィーティー(ちょっと高いけど、ざるに入ってて高級そうだった)や木箱に入った詰め合わせなどもあり、また特別商品の予約の案内なども出ていた。どれも「お一人様○○点まで」と書いており、人気の高さが伺われた。

 で、食べてみた感想はというと、上品で、確かに素材の味がちゃんとする。おいしい。でもこれ、500円の価値があるか?という感じもする。また味付けを含めて、いわゆる「和菓子」とはだいぶ違うところを目指しているように思われて、ちょっと残念だった。だいぶ現代的な味。でもそれは同時に、たゆまぬ和菓子(金平糖)の進歩と見るべきなのかもしれない。

 きついことも書いたけれども、私が今までに食べた金平糖と比べたら段違いに美味しい。いくつか食べても飽きが来ないし、食べているうちに馴染んでくるというか、じわじわ美味しさが増してくる感じもあって、その辺りは実にさすが。

 また見かけたら、実家の土産にしてもいいかなあと思っています。次はスウィーティーに挑戦かなあ。
 でもまあ、我が家の定番京都土産は鶴屋寿の「さ久ら餅」だな。緑寿庵 清水の「金平糖」は、このさ久ら餅の地位をゆるがすには至りませんでした。

|

« キャベツとソーセージの具沢山スープ | トップページ | アンディ・ライリー「自殺うさぎの本」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/10945791

この記事へのトラックバック一覧です: 緑寿庵 清水「金平糖」:

« キャベツとソーセージの具沢山スープ | トップページ | アンディ・ライリー「自殺うさぎの本」 »