« 荒木飛呂彦&ユニクロ | トップページ | 吉野(奥千本)・仏隆寺(千年桜) »

2006年4月22日 (土)

バドミントン・京奈和道

第2回目のバドミントン。

今回は体育館まで行くのに、京奈和道が開通していたので、とっても楽だった。出来たてだから綺麗だし、2車線あってすいてて、高さがあるので奈良盆地が一望できて、実に気持ちよく走れた。あっという間に郡山。

しかし、乗り降りの際の信号がひどい・・・びっくりするぐらい待たされた。道がすいているだけに、信号の待ち時間が無視できないぐらい。改善して欲しいところだなあ。

バドミントンはというと、前回から間が空いているせいか、さらに人が少なくなっていた。その結果、「中級と上級で組んで、混合ダブルスで試合!」ということに。

どうもコーチ陣はいまいちわかっていなかったようなのだけど、上級クラスと、私の所属する中級クラスとの戦力の差は凄まじいものがあり、例えるならば「ブラジル代表と日本代表」、「マイク・タイソンとミッキー・ローク」ぐらいの差がある。しかも上級クラスの人はより上手い人と試合をしたいという欲求があり、一方中級クラスの人は同じレベルの人と楽しく試合がしたいという欲求がある。そのため、誰も満足できないという事態が発生していた。

具体的に言えば、ミスを重ねる度に冷たくなっていくように感じる視線、能力以上のものを要求され続けているうちに生じる吐き気、諦めと哀れみの眼差し、遠い目、そしてストレス。何のためにここにいるのだろうと自分に問い掛けた。

混合ダブルスが終わって、中級クラスで試合をしろ、ということになった時は本当に嬉しかった。集まった中級クラスのメンバーが優しく見えた。みんなとの距離が近づいたように感じた。もしやこれが狙いか?

初心者クラスは前回同様、嫁一人で、マンツーマンで指導を受けていた。スポーツをしていて、なかなか同じコーチにマンツーマンで指導し続けてもらえることなんてあんまり無い。中級クラスの羨望を一手に集めるうちの嫁であった。

味方のショットが2発ほど私の眼鏡にヒットするというミラクルもあり、散々な日だった。眼鏡を直しに行かなくちゃ。

|

« 荒木飛呂彦&ユニクロ | トップページ | 吉野(奥千本)・仏隆寺(千年桜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/9754999

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントン・京奈和道:

« 荒木飛呂彦&ユニクロ | トップページ | 吉野(奥千本)・仏隆寺(千年桜) »