« バドミントン・京奈和道 | トップページ | スキマスイッチ「チェリー」 »

2006年4月23日 (日)

吉野(奥千本)・仏隆寺(千年桜)

東京から友人が遊びに来てくれた。Yoshino01長い事会ってなかった友人で、彼女が奈良まで来てくれたのが嬉しくて、あちこち引っ張り回してしまった。

まずは車で彼女を拾って、吉野へ向かう。道を間違って吉野神宮へ寄り道したりしながら、周回ルートを経て奥千本入り口付近へ。軽くガスが出て、なんだか幽玄な雰囲気。

そこから徒歩で山道を奥千本へ向けて歩き出す。歩く。歩く。全然着かない。というか桜がまるで見えて来ない。足元はすっかり泥道、勾配も急で完全な山道。しまった、下調べを全然していなかった・・・奥千本入り口からすぐ入ったところに奥千本があると勝手に思っていた。00000008_1ごめんなさい。

一体いつまで歩けばいいのだろう、この苦労は報われるのだろうかと不安になってきた頃、杉の林を抜けて見晴らしがよくなると、ついに奥千本が見えた。

奥千本の桜は、美しかった。気品があった。山の中にひっそりと咲いていて、もうそれだけで十分という美しさがあった。途中で霧雨が降ってきたりもしたけど、それは奥千本にさらに美しさを添えていた。00000014

奥千本からの帰り道、苔むした大きな桜を見た。昔から苔は好きだったのだけど、桜と苔という美しさは認識していなかった。これは良いものだ・・・。

その後、水分神社で枝垂れ桜を愛で、展望台からほとんど桜の散った吉野山を一望し、帰りがけに仏隆寺の千年桜を見に行った。

仏隆寺の千年桜というのは今まで聞いたことも無かったのだけど、今回まだ咲いている桜があるかなあと思ってwebで調べてたら発見したもの。これという写真も見つからなかったので、どんなもんかわからず行ってみた。嘘みたいに細い道をくねくねと走り、どうにか千年桜に辿り着いたのだけど、これが実に良かった。00000055

樹齢900年を超す桜だそうだけど、まだまだ逞しく精力的に無数の花を咲かしていた。大枝も10本以上に枝分かれし、そのそれぞれが四方八方へのびのびと腕を伸ばしていた。素晴らしい。又兵衛桜も良いけれども、千年桜も負けていない。

周りの景色も良い。水車小屋もあり、棚田が谷あいに広がる。「日本昔話みたいな景色やね~」と言っていたおばさんがいたけど、まさにその通りだ。これは美しい日本の原風景。

幟や電線が足を引っ張っていたのが残念。日本人らしいと言えば日本人らしいのだけれども。

そしてどうにか東京に帰れる時間に友人を送り届けて、本日の花見終了。いや~、今シーズンはよく桜を見たものだ。桜はよいものだ。

|

« バドミントン・京奈和道 | トップページ | スキマスイッチ「チェリー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/9756873

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野(奥千本)・仏隆寺(千年桜):

« バドミントン・京奈和道 | トップページ | スキマスイッチ「チェリー」 »