« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

伊坂幸太郎「重力ピエロ」

そしてこの東京出張中は毎日電車通勤をしているので、電車の中で毎日本が読める。これは素晴らしいことだ。

というわけで電車の中で、伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読みました。初の伊坂幸太郎作品。

冒頭は様々な時間・場所の話が飛び飛びで語られ、パッチワークのような様相。各章のタイトルも凝っていて、さながら初期の村上春樹をどことなく思わせるような組み立てで、良いのやら悪いのやら。

しかしながらそれに慣れてきた頃には、すっかり作品に引き込まれてしまった。キャラクターが魅力的で、作品のポイントも良い。

題材は暗く、そして重い。不幸な事件で生まれた血のつながらない兄弟とその両親が、どのように人生を歩んでいくか。人間の性について、運命について。正解の無いこうした問題に、屈折しながらも出口を求める兄弟と、彼らを心から愛する両親。

特にこの両親の人物像が素晴らしく、母親が競馬をするシーンなどで泣いた。そして何と言っても父親。こんな父親になれたらどんなに素晴らしい事だろうと思った。実際、自分あるいは自分の周囲で、血のつながらない親子という関係ができる可能性は0ではない。あるいは既にあるかもしれない。そうした時、それにどう向き合っていくか、という問いへのひとつの答えがこの作品だと思う。簡単な事ではないけれども。この点に関してだけでも、読む価値あり。

他の部分は、というと「うーん」と思うところも多々。展開自体はオーソドックスというか読める展開だし、ちょっと冗長な感じもした。キャラクターは良いけど、良く描けているかというと難しいところ。文章もたまに気になるところがあった。

でも総じて言えば、面白かった。もっと読んでみたい。次は「死神の精度」「チルドレン」「アヒルと鴨のコインロッカー」あたりを読んでみようかな。

10点満点で8.5点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

東野圭吾「予知夢」

久しぶりの本レビュー。東京出張が入ったので電車の中で読了しました。

これは、以前にもレビューを書いた「探偵ガリレオ」の続編(第二作目)に当たる。基本的には第一作目「探偵ガリレオ」と同じような展開なのだけど、「探偵ガリレオ」がベースとしては理系的な知識による犯罪というものだったのが、今回のベースはオカルト。

予知夢、ポルターガイスト現象など、およそ理系的な内容とはかけ離れているテーマだが、それらを論理的に解き明かしていくというもの。物理学者湯川のあっさりとした推理がおもしろく、視点を変えて物事を見るということがどういうことなのか、わかりやすい。

前の作品を含め、犯人やトリックはさほど難しくいない。読みながらわかる犯人やトリックも多い。この作品の魅力はそこではなく、まるで素養の違う二人の主人公が、異なる視点からどのように現実をとらえているか、ということに尽きると思う。そしてまたこの二人のキャラクターが良い。一作目に比べてもより良くなっていると思う。前にも書いたけど、本当にテレビドラマ向きだなあと思う。

10点満点で7.5点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

仏隆寺(千年桜):夜桜

仏隆寺の千年桜があまりに良かったので、今度は嫁を連れて夜の千年桜を見に行くことにした。

仕事終わってから、明日からの出張準備の買い物を近鉄で済ませ、そこで閉店間際で安くなったお弁当をいくつか買って、仏隆寺へ向かう。

仏隆寺近辺まで近づいても全然ライトアップしてる様子も無く、人気もほとんどない。野性のシカを轢きそうになったりもする。あれ?ライトアップしてないのかな?と思っていると、谷あいから急に千年桜が姿を現した。

ライトアップされた千年桜も見事。実に幽玄で、ちょっと怖いくらいの別世界感。あの日本昔話みたいな周囲の風景が見えないのは残念だけど、また違う素晴らしさと迫力がある。星も綺麗で良い。

平日の夜ということもあってか、人もまばら。車が数台来てる程度だった。写真を撮ろうと努力したのだけど、夜桜は難しい・・・全然うまく撮れなかった。この桜はもっと有名になっていいと思うのだけど、一方で有名になって欲しくないような。

うちの嫁も感激していた仏隆寺の千年桜、来年もこの辺りに住んでいたら見に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

スキマスイッチ「チェリー」

FM802でスピッツの「チェリー」を色んなアーティストがカバーする「ACCESS!」というイベントをやっている。おかげで最近は会社の往復で最低2回は誰かの歌う「チェリー」を聴いている。

とは言っても、みんながみんな、素晴らしいカバーができているかというと必ずしもそうではない。当たり前だけれども、どうってことないカバーもあれば、ぐっと来るカバーもある。今まで聞いた中では、BonniePinkなんかが良かった。あと名前を把握し忘れたのだけど、かなりいいのも1つ2つあった。

そして何より、今日聞いたスキマスイッチのカバーが良かった。ちょっと泣いた。生で聴いたら号泣だっただろうなあ。これは素晴らしい。CD出すかネット販売してくれないかな~。

うちの嫁は「チェリー」が昔からお気に入りだったみたいだけど、私はこのイベントがあるまであまり「チェリー」という曲を認識していなかった。スキマスイッチの「チェリー」は最高。

前に聞いた椎名林檎の「スピカ」も良かったし、スピッツの曲は他の人が歌うと映えるのだろうか。おそるべしスピッツ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

吉野(奥千本)・仏隆寺(千年桜)

東京から友人が遊びに来てくれた。Yoshino01長い事会ってなかった友人で、彼女が奈良まで来てくれたのが嬉しくて、あちこち引っ張り回してしまった。

まずは車で彼女を拾って、吉野へ向かう。道を間違って吉野神宮へ寄り道したりしながら、周回ルートを経て奥千本入り口付近へ。軽くガスが出て、なんだか幽玄な雰囲気。

そこから徒歩で山道を奥千本へ向けて歩き出す。歩く。歩く。全然着かない。というか桜がまるで見えて来ない。足元はすっかり泥道、勾配も急で完全な山道。しまった、下調べを全然していなかった・・・奥千本入り口からすぐ入ったところに奥千本があると勝手に思っていた。00000008_1ごめんなさい。

一体いつまで歩けばいいのだろう、この苦労は報われるのだろうかと不安になってきた頃、杉の林を抜けて見晴らしがよくなると、ついに奥千本が見えた。

奥千本の桜は、美しかった。気品があった。山の中にひっそりと咲いていて、もうそれだけで十分という美しさがあった。途中で霧雨が降ってきたりもしたけど、それは奥千本にさらに美しさを添えていた。00000014

奥千本からの帰り道、苔むした大きな桜を見た。昔から苔は好きだったのだけど、桜と苔という美しさは認識していなかった。これは良いものだ・・・。

その後、水分神社で枝垂れ桜を愛で、展望台からほとんど桜の散った吉野山を一望し、帰りがけに仏隆寺の千年桜を見に行った。

仏隆寺の千年桜というのは今まで聞いたことも無かったのだけど、今回まだ咲いている桜があるかなあと思ってwebで調べてたら発見したもの。これという写真も見つからなかったので、どんなもんかわからず行ってみた。嘘みたいに細い道をくねくねと走り、どうにか千年桜に辿り着いたのだけど、これが実に良かった。00000055

樹齢900年を超す桜だそうだけど、まだまだ逞しく精力的に無数の花を咲かしていた。大枝も10本以上に枝分かれし、そのそれぞれが四方八方へのびのびと腕を伸ばしていた。素晴らしい。又兵衛桜も良いけれども、千年桜も負けていない。

周りの景色も良い。水車小屋もあり、棚田が谷あいに広がる。「日本昔話みたいな景色やね~」と言っていたおばさんがいたけど、まさにその通りだ。これは美しい日本の原風景。

幟や電線が足を引っ張っていたのが残念。日本人らしいと言えば日本人らしいのだけれども。

そしてどうにか東京に帰れる時間に友人を送り届けて、本日の花見終了。いや~、今シーズンはよく桜を見たものだ。桜はよいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

バドミントン・京奈和道

第2回目のバドミントン。

今回は体育館まで行くのに、京奈和道が開通していたので、とっても楽だった。出来たてだから綺麗だし、2車線あってすいてて、高さがあるので奈良盆地が一望できて、実に気持ちよく走れた。あっという間に郡山。

しかし、乗り降りの際の信号がひどい・・・びっくりするぐらい待たされた。道がすいているだけに、信号の待ち時間が無視できないぐらい。改善して欲しいところだなあ。

バドミントンはというと、前回から間が空いているせいか、さらに人が少なくなっていた。その結果、「中級と上級で組んで、混合ダブルスで試合!」ということに。

どうもコーチ陣はいまいちわかっていなかったようなのだけど、上級クラスと、私の所属する中級クラスとの戦力の差は凄まじいものがあり、例えるならば「ブラジル代表と日本代表」、「マイク・タイソンとミッキー・ローク」ぐらいの差がある。しかも上級クラスの人はより上手い人と試合をしたいという欲求があり、一方中級クラスの人は同じレベルの人と楽しく試合がしたいという欲求がある。そのため、誰も満足できないという事態が発生していた。

具体的に言えば、ミスを重ねる度に冷たくなっていくように感じる視線、能力以上のものを要求され続けているうちに生じる吐き気、諦めと哀れみの眼差し、遠い目、そしてストレス。何のためにここにいるのだろうと自分に問い掛けた。

混合ダブルスが終わって、中級クラスで試合をしろ、ということになった時は本当に嬉しかった。集まった中級クラスのメンバーが優しく見えた。みんなとの距離が近づいたように感じた。もしやこれが狙いか?

初心者クラスは前回同様、嫁一人で、マンツーマンで指導を受けていた。スポーツをしていて、なかなか同じコーチにマンツーマンで指導し続けてもらえることなんてあんまり無い。中級クラスの羨望を一手に集めるうちの嫁であった。

味方のショットが2発ほど私の眼鏡にヒットするというミラクルもあり、散々な日だった。眼鏡を直しに行かなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

荒木飛呂彦&ユニクロ

ユニクロですごいものを見つけた。Tshirt_all

荒木飛呂彦とユニクロのコラボTシャツ。荒木飛呂彦と言えばジョジョの作者、ぼくらの世代にとってはヒーロー以外の何者でもない。そのTシャツがなんと1,000円。

うちの近所の店には2着しかなかった。Lサイズは1着のみ。迷わず購入。他の商品も見てからレジに並んだら、前の人が1着持って並んでた。つまりこの店Tshirt_logoでは売り切れ。危ないところだった。

右の人物(?)はキラー・クイーンを思わせるデザインだけど、なんか手が猫っぽい。ストレイ・キャットと同化でもし始めているのか?左はトリッシュ?誰だかよくわからん。とかジョジョを知らない人は置いてきぼりに興奮してしまった。

そしてこのTシャツのタグには、荒木飛呂彦御大の顔写真がついてくる。別にいらないとか言わないように。しかしこの人、歳取らないなあ。Tshirt_araki

いまユニクロのサイトを見ていたら、どうももう1色あるらしい。発見し次第捕縛する予定。

これが売れて、第2弾とかあるといいなあ。あと武論尊、じゃなかった原哲夫とのコラボTシャツなんかも希望。

ユニクロ見直した。ユニクロ最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

TV「サラリーマンNEO」

やっと見れた、サラリーマンNEO

面白かった!嫁と腹を抱えて笑った。これはサラリーマン必見だ。新時代のサラリーマンのバイブルとなる番組だろう(言い過ぎ)。

サラリーマン川上くんが定食屋で豪勢なランチを食べようとしている時に、部長にばったり。「おごってやるよ」と言われたにも関わらず、部長が頼んだのは激安ランチセット。サラリーマンとしての道を考え、意を決して激安ランチセットを選ぼうとするも、なんと売り切れ。さて川上くんどうする・・・!とかそんなコント番組。川上くん(沢村一樹)の演技が実に見事だった。

かと思えば「教えて!Mr.ゴーン」ではカルロス・ゴーンが淡々と真面目な話をしているし、もう訳がわからない。

しかしこの番組がNHKだとはなあ。NHKも変わったものだ。

放送の翌日、会社の先輩が「いやあ、昨日の夜11時からNHK見てたら・・・」と言い出すので「サラリーマンNEOですよね!」と、朝からひと興奮してしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

又兵衛桜・吉野

いつまで関西にいるかもよくわからないので、見ておきたいものは見ておこうと思っていまMatabe_2 す。とりあえず桜のシーズンなので、大宇陀の又兵衛桜から吉野へのツアーに嫁を連れて行ってきました。

又兵衛桜。樹齢400年とも言われる一本木の枝垂れ桜で、非常に力強さを感じる桜。 桜はあまり一本木で見ることは無いと思うのだけど、この桜はとてもとても見る価値がある。奈良に住んでいて良かったと思うことのひとつ。

奈良に住み始めてから何度か見に行ているのだけど、年々弱々しくなっているような気もする。生きているのだから止むを得ないのだけれども、実に切ない。

今年は少し盛りを過ぎてしまっていたので寂しげではあるけれども、まさに瀧桜という風情、実に圧巻。Yoshino_3

その後、その足で吉野へ。吉野もよい。とてもよい。けどこっちも盛りを過ぎてしまっていたかな~。奥千本まで行けばちょっと違ったのかもしれないけど。

しかし寒かった。桜が咲く時期でこんな寒いとはな~。おかげで人も結構少なかった。嫁が焼き芋を食べたがっていたのだけど買えなかった。のでパピコを食べてたら、すっかり体が冷え切ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

MessageBoxMaker

たじけん氏のブログにインスパイアされて、久しぶりにプログラミングしてみた。こんな感じ⇒「MessageBoxMaker」  まあどこにでもあるようなプログラムだけど。

たじけん氏のブログにあるような画像を作ろうと思ったら、以下の手順。

  1. 「MessageBoxMaker」を起動
  2. 各箇所を適当に入力・設定
  3. 「作成」ボタンを押す
  4. メッセージボックスが出てくるので、内容を確認
  5. 「Alt」キーを押しながら「PrintScreen」キーを押す
  6. MicrosoftPhotoEditor(あるいはペイント等)を起動
  7. 「新しいイメージとして貼り付け」あるいは「新規作成」⇒「貼り付け」
  8. 「名前を付けて保存」Picture_bymessageboxmaker_3

で、例えばこんな感じ⇒

この画像を作るところまでプログラム内で扱いたいな~って思ってたんだけど、少し時間がかかりそうな気がしたので、とりあえずできたところまで公開してみた。誰かわかる人、教えて下さい。

プログラム自体は全然たいしたことはしてなくて、この前インストールしたフリー版のVisualBasic.NET2005ExpressEditionを使ってみたかっただけ。

とりあえず使ってみた印象としては、予想以上にVB6とは違うけど、予想以上に使いやすいかも、という感じ。IDEがとても重くなっているんだけど、その分いろいろ手助けしてくれてる。VB6⇒VB2005への乗り換え、本気で考えてみようかな~。

今回のコードはこんな感じ。適当に作りすぎ?

-----

Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

        'Button1(作成ボタン)を押した際の挙動

        Dim buttonType As MessageBoxButtons  'Buttonタイプ格納
        Dim iconType As MessageBoxIcon  'Iconタイプ格納

        'Iconタイプを判別

        Dim Items As String = ComboBox1.SelectedItem

     'Iconタイプの決定
        Select Case Items
            Case "-"
                iconType = MessageBoxIcon.None
            Case "Asterisk"
                iconType = MessageBoxIcon.Asterisk
            Case "Error"
                iconType = MessageBoxIcon.Error
            Case "Exclamation"
                iconType = MessageBoxIcon.Exclamation
            Case "Hand"
                iconType = MessageBoxIcon.Hand
            Case "Information"
                iconType = MessageBoxIcon.Information
            Case "Question"
                iconType = MessageBoxIcon.Question
            Case "Stop"
                iconType = MessageBoxIcon.Stop
            Case "Warning"
                iconType = MessageBoxIcon.Warning
            Case Else
                iconType = MessageBoxIcon.None
        End Select

        'ボタンタイプの判別
        Dim buttons As String = ComboBox2.SelectedItem

        'ボタンタイプの決定
        Select Case buttons
            Case "AbortRetryIgnore"
                buttonType = MessageBoxButtons.AbortRetryIgnore
            Case "OK"
                buttonType = MessageBoxButtons.OK
            Case "OKCancel"
                buttonType = MessageBoxButtons.OKCancel
            Case "RetryCancel"
                buttonType = MessageBoxButtons.RetryCancel
            Case "YesNo"
                buttonType = MessageBoxButtons.YesNo
            Case "YesNoCancel"
                buttonType = MessageBoxButtons.YesNoCancel
            Case Else
                MessageBox.Show(Me, "ボタンタイプを選択してから再度「作成」ボタンを押してください")
                Exit Sub
        End Select

        MessageBox.Show(Me, TextBox2.Text, TextBox1.Text, buttonType, iconType)

    End Sub

End Class

-----

アイコンタイプのAsteriskとInformation、ErrorとHandとStop、ExcalmationとWarningが同じように見えるんだけど・・・違いがよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

デジカメに悩む

今持っているデジカメはCASIOのGV-20というだいぶ古いデジカメで、ちょっと前から新しいのが欲しいなあと思っていました。RICOHからCaplio R3という、広角28mm、光学7倍ズーム、手ぶれ補正を搭載したコンパクトカメラが去年発売されていて、これを買う気でいたのだけど、レンズカバーに不具合が出ていたようで、とりあえず見送った。

 この春に、RICOHからはR3の後継機種R4が出た。ほとんどスペックは変わっていないけど、こういう時は細かいブラッシュアップがされていたりするもので(と勝手に思って)、これを買おうかと思っていたら、Panasonicからも似たような機種が出て、悩みつづけています。

 というわけで、とりあえず自分用に要点を整理。どっちがいいかな~。

機種名 LUMIX DMC-TZ1 Caplio R4 コメント
メーカー 松下電器 リコー リコーみたいな不器用そうなメーカーの方が好き
有効画素数
/総画素数
500/637万画素 604/618万画素 大差無し
光学ズーム 10倍 7.1倍 ○TZ1
デジタルズーム 4倍 3.6倍 大差無し
静止画解像度 2560x1920 2816x2112 大差無し
動画解像度 848 x 480 320 x 240 ◎TZ1
記録メディア 内蔵13.4MB
SDメモリーカード
内蔵26MB
SDメモリーカード
大差無し
液晶モニター
(画素数)
2.5インチ
(20.7万画素)
2.5インチ
(15.3万画素)
△TZ1
バッテリー 専用充電池 専用充電池 乾電池が使えたら良かったのだけど
最短撮影距離 5cm(マクロ)
40cm(標準)
1cm(マクロ)
30cm(標準)
やっぱりマクロはリコー
焦点距離
(35mm換算)
35mm~350mm 28mm~200mm TZ1には350mm(光学10倍)、R4には広角28mmの強み
開放絞り値 F2.8~4.2 F3.3~4.8 △TZ1
撮影感度 ISO80~1600 ISO64~800 △TZ1
実際の写り具合次第かなあ
シャッタースピード 60 秒~1/2000秒 8秒~1/2000秒 ○TZ1の星空モードは面白そう
動画記録形式 QuickTime AVI(MotionJPEG) △R4
あんまり動画使わないとは思うのだけど
撮影可能枚数 250枚 330枚 ○R4
まあこの数字は目安
防水ケース あり なし ○TZ1
防水用途の時はGV-20を出す、という手も
その他機能 旅モード 斜め補正モード 主に旅行で使うのがメインになると思うので、旅モードはもってこい。店頭で使ってみたら斜め補正モードも色々役に立ちそうで悩む
幅x高さx奥行 112x58.1x40.2 95x53x26 ◎R4
重量 262g 200g ◎R4

※:◎は圧勝、○は勝利、△は辛勝という感じのイメージで。

前に買ったGV-20は「耐衝撃・耐水・耐塵」という観点から、ほぼオンリーワンの商品だった。そういう機種だとすぐ決められて、今回のように延々と悩まなくて済むんだよね。やっぱり商品のコンセプト、オンリーワン性というのは大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

鯛のあら煮

そろそろ嫁に嫌がられてるんじゃないかと心配しながら、今週末も鯛のあら煮。

前回は十分満足の行く出来だったので、今回の目的はその再現。前回とほぼ同じパックをスーパーで見つけたので、それでトライ。

今回のレシピは以下の通り(だいたいは前回と同じ):

  1. 鯛(頭2匹分+α、重さを量り忘れた・・・)を軽く洗い、ぬめりを落とし、血合いを除く
  2. 鯛に塩を振って30分ほど置いておく
  3. しょうが(10g)の皮を剥く
  4. 鍋にたっぷりの水を入れ、しょうがの皮と一緒に沸騰させる
  5. 沸騰したら鯛を入れ、表面の色が変わったら(1~2分)取り出し、軽く洗ってから水を切る
  6. 鍋に鯛・酒2カップ・砂糖大さじ4・醤油大さじ3・しょうがの千切りを入れ、中火で煮る
  7. 煮立ったら落し蓋をして火を少しだけ弱め、10分弱ぐらい煮る
  8. 弱火にして落し蓋を取り、煮汁をかけ、鯛の配置を変えて味をしみこませながら煮詰める

結果:

 しょうがが半端に前回より少ない。けど、ほぼ前回と同じ味付けを実現できた。ちょっと前回より薄味かもしれないけど。とっても満足。うまい!10点満点で9.5点。

次回への抱負:

 今回と前回は、それ以外とは違う鯛のパックを使っているので、もしかして最近の美味しさは素材によるものだけなんじゃないかと不安。今までの鯛でもこの味が出るかどうか試してみたい。あと、最近は鯛の卵がついているパックもあって、これも試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

バドミントン

日頃あまりに運動不足なので、たまにジョギングしたりしていたのだけど、昔から膝を痛めているためアスファルト上を走るのは結構辛く、ついついサボりがちだった。

うちの会社では体育館を持っている事業所でこういうスクールや部活などをやってくれてはいるのだけど、私の事業所には体育館が無く、行くとすれば1時間程度かけて、他の事業所まで行かないといけない。のでこれもなかなか億劫で、ほとんど参加していなかった。

しかし、ここしばらくの体調不良や体重増加を考えるに、やはり運動は欠かせないとの結論に達し、今期からバドミントンのスクールに参加することにしました。

というわけで土曜の朝も早起きして、車で体育館へ。気合を入れすぎて早く着き過ぎたり、スクールが始まる前に軽く運動しようとしてすっかりヘバったりという基本行動は忘れずにやった。

始まってみたら、参加者は10名ちょっと。えらい少ない。それに対してコーチは3人。これはお得。

まずは準備運動。すでに足がもつれそう。上級・中級・初級と自己申告で別れたのだけど、初級はうちの嫁一人で、マンツーマンで指導してもらってた。中級は5人で、まあ私と大差無いレベルの人達。いつか上級に行けるように頑張ろう。

バドミントンも、運動自体も久しぶりだったこともあって、ミスショット・空振り・フレームショットは多いわ、スタミナは切れるわ、集中力は続かないわで散々だった。試合中に吐くかと思った。

でもやっぱり楽しかった。嫁も楽しんでいたようだった。土曜は仕事もちょいちょい入るので、なかなか毎回参加というわけにもいかないだろうけど、できるだけ行こうと思う。

そしてとりあえず日常生活を満足に送れないレベルの筋肉痛が始まっている・・・。最近は筋肉痛が数日続くという老体なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »