« 貫井徳郎「崩れる」 | トップページ | 新幹線に関するトリビア »

2006年2月 2日 (木)

ラーメン「一蘭」

 仕事で博多に行ってきた。

 と言っても一泊だけだったし、その日は懇親会もあったため観光もできず。折角なので懇親会後、博多の街に繰り出して、ラーメンを食べてきた。行ってきたのはホテルの人のお勧め、「一蘭」。

 噂には聞いていたけど、そのシステムに驚いた。まずは店の入り口で食券を買う。と言ってもメニューは「ラーメン」しかない。そして中は全てカウンターなのだけど、壁で仕切られていて、横の人は見えないようになっている。それどころか前にもノレンがあって、店員の顔は見えない。しかもラーメンが届くとこのノレンも一番下まで下げてしまうので、もう何も見えない。麺の固さやこってり度合いなど様々な注文も用紙に記入して提出。替え玉も箸入れに書いて提出。一言も発することなく好きなようにラーメンを食べることができる。

 『食べること』に集中していただける環境を準備させていただきました。当店では味はもちろんのこと、食べる環境にもこだわることにより、お客様へより一層ご満足を提供できると考えております

 だそうだ。恐るべし一蘭。

 味は、と言うと、これがびっくりするぐらい美味しかった。九州ラーメンとか博多ラーメンとか長浜ラーメンとか言ってるラーメンは、こういう味が出したかったのね、と思うくらいだ。麺もしっかり固くて、固麺好きの俺としては満足。というか、麺を「固め」で注文したらむしろちょっと麺が固すぎて負けた気分。替え玉はひよって「やや固め」。悔しい。あと予想以上に唐辛子が入っていて、思いのほか辛かった。翌日トイレで苦しむ羽目に。

10点満点で9.5点。近くにあったら週に2回は行く。3回行くかも。関西にも支店あればいいのに・・・残念。

 博多は昔住んでいたことがあり、今回25年くらいぶりに行った事になる。懐かしい、などと思う暇も無かったし、もちろんほとんど何にも覚えちゃいない。それでもやっぱり、懐かしい。

|

« 貫井徳郎「崩れる」 | トップページ | 新幹線に関するトリビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/8602161

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン「一蘭」:

« 貫井徳郎「崩れる」 | トップページ | 新幹線に関するトリビア »