« TV「トリビアの泉」 | トップページ | TV「完全攻略!安楽椅子探偵のすべて」 »

2006年2月26日 (日)

鯛のあら煮

先週に引き続き鯛のあら煮。週末恒例行事?

今回は前回と同じスーパーで同じようなパックを買ったので、前回のレシピ(と反省点)をそのまま使えるはず。一応今後違うスーパーで買うときなどのために、鯛あらの重量を測定してみた。

今回のレシピは以下の通り(だいたいは前回と同じ):

  1. 鯛(頭4匹分+α、約450g)を軽く洗い、ぬめりを落とし、血合いを除く
  2. 鯛に塩を振って30分ほど置いておく
  3. しょうがの皮を剥く
  4. 鍋にたっぷりの水を入れ、しょうがの皮と一緒に沸騰させる
  5. 沸騰したら鯛を入れ、表面の色が変わったら(1~2分)取り出し、軽く洗ってから水を切る
  6. 鍋に鯛・酒1.25カップ・水1カップ・砂糖大さじ5・醤油大さじ4・しょうがの千切りを入れ、中火で煮る
  7. 煮立ったら落し蓋をして火を少しだけ弱め、10分弱ぐらい煮る
  8. 弱火にして落し蓋を取り、煮汁をかけ、鯛の配置を変えて味をしみこませながら煮詰める

結果:

 おお、うまい!ここ最近の低迷した中では抜群のヒットだ!これは前回と殆ど同じ材料が入手できた事が大きいだろう。やっぱり繰り返しは上達のコツだ。10点満点で8.5点。

 気分が良くて写真も取ってみたのだけど、「鯛のあら煮」というほのぼのした写真をイメージしていたにも関わらず、撮れた写真は「鯛の大量虐殺事件現場」と言ったほうがいいようなおどろおどろしいものだった。子供が見たら泣く。ので割愛。

次回への抱負:

 前回「酒を2カップくらいにしてみよう」と言いながら1.25カップしか入れていないのは、酒が切れてしまったからです。在庫管理に失敗。替わりにミリンを入れようかどうか悩んだのだけど、以前それで失敗した事があったので水にしといた。これが勝因?でも次は酒を確保して酒2カップにしてみる予定。

 あとしょうがの量がいつも適当な事に気が付いた。次は重さを量っておこう。

|

« TV「トリビアの泉」 | トップページ | TV「完全攻略!安楽椅子探偵のすべて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162822/8841059

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛のあら煮:

« TV「トリビアの泉」 | トップページ | TV「完全攻略!安楽椅子探偵のすべて」 »